• 何でも過ぎたるには及ばざるだとは、自分も思う所です。

    自分は、親もなくなって、一人になり、生きていけるくらいになったら、一回、病院でちょっと治療してもらおうと思っています。
    33歳の時に入院したら、インシュリンが薬に代わりましたし、食生活でも結構変わってくると思っていますしね。
    健康面で、よくしてもらいたいというのは、とてもあります。

    看護師さんや介護士さんも、お仕事大変だと思います。
    夜勤を見てはいましたが、皆さん忙しそうでした。
    どういう気持ちで、ああいう仕事に就けるのだろうかと思っています。

    世の中には普通の人や優しい人もやっぱりいます。そういう人がちゃんと介護なり、看護をしてくれると、本当に助かりますね。
    前の知人のやっている趣味サークルの冊子に、ある人がいました。
    人の役に立ちたいから、介護福祉士を取ると書いてあったのを覚えています。
    それって、結構、介護される側から見ると、良い志だと思いますね。

    大きく出た方が、介護や看護関係はかえって良いような感じはありますね。
    それくらい、能動的な方が本当に、疲れてしまった人やじいさんばあさんに優しくできますものね。
    そういう気持ちがあって、看護や介護をされるのなら、その病院では、重宝されるでしょうね。

    Posted by wonderegg @ 7:42 AM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です